コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪腐大粒菌核病(チモシー)

1件 の用語解説(雪腐大粒菌核病(チモシー)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

雪腐大粒菌核病(チモシー)

北海道、東北で株枯れを引き起こす重要病害。土壌凍結期間の長い地域に分布する。病徴は融雪直後に深緑色、水浸状になり、ゆでたように軟化する。乾くと灰褐色になり、その表面にネズミの糞状で、大きさ5-10mm程度の黒い大型菌核を形成する。晩秋には菌核からキノコが出て、感染源となる子のう胞子を飛散させる。病原菌は多犯性で、オオムギコムギフェスク、ライグラス、チモシー、レッドトップなどで発生が報告されているが、牧草の中ではオーチャードグラスおよびライグラスが最も弱い。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪腐大粒菌核病(チモシー)の関連キーワード雪腐褐色小粒菌核病(ライムギ)雪腐褐色小粒菌核病(オーチャードグラス)雪腐大粒菌核病(オーチャードグラス)雪腐褐色小粒菌核病(ライグラス)雪腐大粒菌核病(ライグラス)雪腐褐色小粒菌核病(フェスク)雪腐褐色小粒菌核病(チモシー)雪腐褐色小粒菌核病(ブロムグラス)雪腐黒色小粒菌核病(アルファルファ)雪腐黒色小粒菌核病(アカクローバ)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone