コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲仙・普賢岳の噴火災害

1件 の用語解説(雲仙・普賢岳の噴火災害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

雲仙・普賢岳の噴火災害

1990年11月17日、198年ぶりに噴火。しばらく小康状態が続いたが、91年5月20日、地獄跡火口に巨大な溶岩ドームができているのが確認された。同年6月3日午後4時8分には大火砕流が発生、消防団員や火山学者、報道関係者ら43人が死亡した。火山活動は96年6月まで続き、山頂付近に溶岩ドーム「平成新山」が出現した。

(2011-05-20 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

雲仙・普賢岳の噴火災害の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者印僑栃木県の要覧海部俊樹内閣ドイツ統一インド映画占有待機児童問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲仙・普賢岳の噴火災害の関連情報