コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲林院文蔵(初代) うんりんいん ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲林院文蔵(初代) うんりんいん-ぶんぞう

?-1557 戦国時代の陶工。
近江(おうみ)(滋賀県)信楽(しがらき)の出身で,天文(てんぶん)のころ京都深泥池(みどろがいけ)に窯をきずき,神社でもちいる土器をつくった。9代文蔵から号を宝山(ほうざん)とした。弘治(こうじ)3年6月死去。名は康光。通称は太郎左衛門。姓は「うりんいん」ともよむ。名は文造ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲林院文蔵(初代)の関連キーワード戦国時代陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android