コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲林院文蔵(初代) うんりんいん ぶんぞう

1件 の用語解説(雲林院文蔵(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲林院文蔵(初代) うんりんいん-ぶんぞう

?-1557 戦国時代の陶工。
近江(おうみ)(滋賀県)信楽(しがらき)の出身で,天文(てんぶん)のころ京都深泥池(みどろがいけ)に窯をきずき,神社でもちいる土器をつくった。9代文蔵から号を宝山(ほうざん)とした。弘治(こうじ)3年6月死去。名は康光。通称は太郎左衛門。姓は「うりんいん」ともよむ。名は文造ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

雲林院文蔵(初代)の関連キーワード戦国足田加藤景春加藤基村瓦屋源珍次郎太夫長十友十八田長斎元吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone