コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲版・雲板 うんぱん

大辞林 第三版の解説

うんぱん【雲版・雲板】

禅宗の寺で、庫裏くりや斎堂に掛け、時の合図などに打ち鳴らす鉄や青銅製の雲形の板。鎌倉時代に禅宗とともに伝わった。打板ちようはん。鐘板。
色紙・短冊の類をおさめて柱や壁面に掛ける額。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲版・雲板の関連キーワード鎌倉時代雲形禅宗

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android