コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲華大含 うんげ だいがん

美術人名辞典の解説

雲華大含

江戸後期の浄土真宗大谷派の学僧豊後生。名は末弘・大倉、別号に鴻雲・染香人等。京都に出て擬講・嗣講に進み、第九代講師に昇任。在京中七条枳殻邸の東に住したので枳東園とも号し、講学余暇頼山陽田能村竹田・貫名菘翁らと交わり、詩文書画を楽しむ。嘉永3年(1850)寂、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

雲華大含の関連キーワード南条神興

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android