コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零れる・溢れる こぼれる

大辞林 第三版の解説

こぼれる【零れる・溢れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 こぼ・る
液体が容器から出て外へ落ちる。また、中にあるべきものが外に出る。 「コップの水が-・れる」 「球がグローブから-・れる」
抑え切れなくて、外に表れる。 「くやし涙が-・れる」 「色気が-・れる」 「 - ・れんばかりの笑み」
普通は何かにおおわれて見えないものが、ちらりと見える。 「枝の間から秋の陽が-・れる」 「笑うと白い歯が-・れる」
あふれて外へ出る。 「車に乗り-・れて/宇治拾遺 11
花・実・葉などが散りおちる。 「むめの花をれば-・れぬわが袖に/後撰 春上」 〔「こぼす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android