コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷電為衛門 らいでん ためえもん

江戸・東京人物辞典の解説

雷電為衛門

1767〜1825(明和4年〜文政8年)【力士】勝率何と9割以上。それでも横綱になれなかった無敵の大関。 江戸後期の力士。信濃国出身。松江藩のお抱え力士として、1795年から16年間、大関の地位を守り、43歳で引退。総成績254勝10敗、勝率96.2%は相撲史上最高であり、その無敵ぶりは講談にもなった。最高位が大関で横綱ではなかったことには、江戸時代横綱が儀礼的な地位であったためとか、抱えの松江藩と、相撲の家元と関係が深い細川藩との確執があったため、など諸説ある。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

雷電為衛門の関連キーワード産業革命史(年表)プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)ワットプラマハタートアユタヤ朝タークシン川崎定孝麻田剛立アユタヤ朝

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone