コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力の固定価格買い取り制度

1件 の用語解説(電力の固定価格買い取り制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電力の固定価格買い取り制度

太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーでつくられた電気を10~20年間、同じ価格で買い取るよう電力会社に義務づけた制度。費用は企業や家庭の電気料金に上乗せされる。太陽光の場合、買い取り価格は1キロワット時あたり42円。2013年度以降に設置した分は引き下げる方向で検討されている。

(2013-02-11 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電力の固定価格買い取り制度の関連キーワード太陽エネルギー再生可能エネルギー国際再生可能エネルギー機関再生可能エネルギー特別措置法再生可能エネルギーの全量買い取り制度全量買い取り制度再生可能エネルギー特別措置法案再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度再生可能エネルギー推進指針再生可能エネルギー法賦課金

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電力の固定価格買い取り制度の関連情報