コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力の需給調整

1件 の用語解説(電力の需給調整の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電力の需給調整

電気は基本的にはためられないので、需要と供給を釣り合わせる必要がある。変動する消費電力に合わせて、各発電設備の発電量を調整しなければならない。原子力は「ベース電源」と呼ばれ、一定の出力で継続運転している。消費電力に合わせて出力を上げ下げするのは、もっぱら火力発電だ。一方、風力や太陽光などの自然エネルギーから生まれる電力は、天気によって変化する。需給バランスを取るためには、消費電力だけでなく、自然エネルギーの変化にも合わせる必要がある。日本ではベース電源の原子力が3割を占め、さらに5割へ引き上げることで「安定供給」を目指していた。需給調整の余地は小さくなり、自然エネルギーを大量に導入するのは難しいとされていた。原子力の割合が減れば、自然エネルギーを導入しやすくなるが、一方で火力に頼る割合が増える。二酸化炭素の排出量増加につながり、地球温暖化対策との両立が難しくなる。

(2011-06-29 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電力の需給調整の関連キーワード個別ブランド最終需要ステレオカメラ基本法ずにはいられない背に腹はかえられないクマの冬眠公務員の労働基本権造り付け家具(作りつけ家具)精嚢腺炎 (seminal vesiculitis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電力の需給調整の関連情報