コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)

1件 の用語解説(電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)

電力販売は東電など大手電力会社が地域で独占していたが、2000年以降の規制緩和で、大口であれば電力を自由に売買できるようになり、その対象が順次拡大された。現在は、販売電力量の約6割を占める契約電力50キロワット以上の工場や事業所が、購入先を選ぶことができる。国に登録するPPSは約50社あるが、実際に販売しているのは約30社。大手のガス会社や商社などがつくり、自前の発電施設のほか、工場の自家発電で余った電力などを販売している。

(2012-02-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)の関連キーワード電力系統東北電力DSM売電買電供給計画電力の小売り自由化電力供給の地域独占地域間連系線と連系設備東電工業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone