コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ドキュメント でんしドキュメントelectronic document

1件 の用語解説(電子ドキュメントの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんしドキュメント【電子ドキュメント electronic document】

ドキュメント(文書)は,外在化された情報を表現,記録,伝達する媒体(メディア)で,空間や時間を超えたコミュニケーションの媒介をする。ディジタル情報としてコンピューター取扱いができるようにしたドキュメントは,電子ドキュメントと総称される。
[電子ドキュメントの定義]
 ドキュメントの構成上の特徴は,テキスト,画像,図形,表等の要素メディアで表現される情報の内容,ドキュメントの文脈構造を反映し情報内容間の関係性を表現する論理構造,表示媒体上における可視化のための割付構造の三つを備えていることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子ドキュメントの関連情報