電子博物館

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

美術作品や文化財、写真などをデジタル化し、タイトルや制作者名などの情報と共に公開するネット上の博物館。より広義では「デジタルアーカイブ(電子的な記録保管所)」とも言う。人類が生み出してきた芸術に誰もが簡単にアクセスできるようにすることで、新たな文化を生み出すことにも貢献する。

(2020-08-05 朝日新聞 夕刊 社会総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子博物館の関連情報