コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子情報の国際標準 でんしじょうほうのこくさいひょうじゅん international standards for information technology

1件 の用語解説(電子情報の国際標準の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんしじょうほうのこくさいひょうじゅん【電子情報の国際標準 international standards for information technology】

ふだん使っている電動剃刀をもって旅に出たとしよう。途中で電池がなくなったとしてもあわてることはない。旅先の店でも,〈単三〉電池をくれと言えば補充できる。海外旅行でも変わることはない。世界中に共通する約束――国際標準――があるおかげである。同じ電動剃刀でも充電式だとそうはいかない。電源の電圧が日本と同じに100Vであるとは限らないし,プラグの形状も違っている。それでも,行く先の国がわかっていれば,その国の中ではプラグの形状も電圧も同じだからそれなりに準備をしていけばよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電子情報の国際標準の関連キーワード山岡松子交流電動機相伴う誘い合う常語素望平語有権者牛刀をもって鶏を割く徳をもって怨みに報いる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone