コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子書籍交換フォーマット でんししょせきこうかんふぉーまっと

1件 の用語解説(電子書籍交換フォーマットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

電子書籍交換フォーマット

一般社団法人日本電子書籍出版社協会(電書協)が策定を進めている、電子書籍用の中間フォーマットのこと。そもそもは2010年の「デジタルネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(通称三省懇)から派生した総務省のプロジェクトの一つで、それを電書協が受託したもの。 
日本語テキストでは、ルビ、縦書きなど独自の表現方法があり、欧米言語のファイルフォーマットでは対応できないことがあるため、日本の電子書籍ではXMDF(シャープが作成)、ドットブック(ボイジャーが作成)などの日本語フォーマットが流通していた。現時点コミックや雑誌を除く電子書籍の大半はこのどちらかで配信されているが、フォーマット間での互換性がない。従って出版社は、どちらかのフォーマットを選択、あるいは両方製作する必要があり、コスト、製作効率、電子書籍の流通・普及など、様々な観点で合理的ではなかった。このため、まずはこの二つの形式を相互に行き来(変換)でき、さらには海外でデファクトスタンダードとなっているePUBなどへの変換も視野に入れたXMLベースの中間フォーマットを策定することとなった。これを電子書籍交換フォーマットと呼んでいる。この交換フォーマットが策定されることで、従来よりも電子書籍の製作が効率化され、幅広い流通が可能になることが期待されている。
10年後半から作業が開始され、順次成果・仕様が公開されていく予定。

(朝日新聞出版 / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone