電気料金の決め方

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電気料金の決め方

家庭向けは「総括原価方式」で決まる。値上げには国の認可が必要。工場やビル、スーパーなどの企業向けは自由化されているため、電力会社、新規の電気事業者との相対取引。英国やドイツでは、発電、送電、小売りの各部門が分かれている。小売料金は電力会社が自由に決めるが、送電料金は規制を設ける国が多い。送電料金や送電会社の収入に上限をもうける制度が一般的。上限をもうける際は、物価変動率や業務の効率化を反映させるしくみを入れ、経営努力を促している。

(2012-02-03 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android