コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波利用料制度 でんぱりようりょうせいど

1件 の用語解説(電波利用料制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波利用料制度
でんぱりようりょうせいど

総務省が 1993年度から実施している,電波利用料を徴収する新制度。従来,電波は無料で使われてきたが,90年末現在 625万局にのぼる無線局は今後も飛躍的に増大すると予想されることから,電波管理システムの整備費として「電波利用料制度」を実施することになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

電波利用料制度の関連キーワード怪獣世界遺産コン リースズキ ワゴンRりんたろうパニック!アブハジア紛争うわさSF映画東京ヴェルディ読書指導

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone