コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電源三法交付金制度

1件 の用語解説(電源三法交付金制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電源三法交付金制度

国が電力会社から電源開発促進税を集め、原発などの発電施設が立地する都道府県市町村への交付金、補助金に充てる制度。もとをたどれば利用者が支払う電気料金がその原資となる。基となる電源三法電源開発促進税法特別会計に関する法律、発電用施設周辺地域整備法の総称。

(2011-07-06 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電源三法交付金制度の関連キーワード国税電気事業電源開発電力系統エネルギー特別会計売電買電電源三法電源三法交付金Jパワー(電源開発)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電源三法交付金制度の関連情報