電磁波の生体影響

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電磁波の生体影響

世界保健機関(WHO)が来春に発表予定の「環境保健基準」案によると、3〜4ミリガウス(0・3〜0・4マイクロテスラ)以上で小児白血病の発症率が増加するとの疫学研究を紹介している。他の生体影響については科学的証拠が不十分として、今後必要な研究として神経退化系疾患、心臓血管系疾患、免疫や血液関係、流産など発育がんとの関連などを推薦している。

(2006-09-22 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる