コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁波過敏症の症状

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電磁波過敏症の症状

世界保健機関(WHO)は05年12月、電磁波過敏症の最新情報と対策をまとめたファクトシート(No.296)を発表した。過敏症の存在を初めて認め、一般的な症状として、皮膚症状(発赤、チクチク感、灼熱<しゃくねつ>感)、神経衰弱症、自律神経系症状(倦怠<けんたい>感、疲労感、集中困難、めまい、吐き気、動悸<どうき>、消化不良)を挙げる。だが、電磁波にさらされて起きることを裏付ける科学的根拠はまだないとしている。

(2006-09-23 朝日新聞 朝刊 群馬全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

電磁波過敏症の症状の関連キーワード倦怠感

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android