電荷の保存

素粒子事典の解説

電荷の保存

素粒子が帯びている電気量(電荷)の和は、反応の前後で変化しない。よって、電荷を持っているもっとも軽い素粒子(電子と陽電子)は、壊れることができないことになる。電子と陽電子が出会うと双方が消滅して複数の光子になるが、電子や陽電子が、単独で無くなってしまうことはない。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android