コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電荷の保存

素粒子事典の解説

電荷の保存

素粒子が帯びている電気量(電荷)の和は、反応の前後で変化しない。よって、電荷を持っているもっとも軽い素粒子(電子と陽電子)は、壊れることができないことになる。電子と陽電子が出会うと双方が消滅して複数の光子になるが、電子や陽電子が、単独で無くなってしまうことはない。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

電荷の保存の関連キーワードマクスウェルの方程式保存ベクトル流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android