コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離圏あらし(電離圏嵐) でんりけんあらしionospheric storm

世界大百科事典 第2版の解説

でんりけんあらし【電離圏あらし(電離圏嵐) ionospheric storm】

太陽のフレアにともなって放射される太陽宇宙線(おもに高エネルギーの陽子)および高速プラズマ流(太陽風)が,それぞれ平均数時間後および1~2日後に地球に到達し,極域をはじめ世界的規模で電離圏を数日間にわたって激しく乱す現象をいう。電離圏あらしによって電離層伝搬の電波を利用している種々の無線通信が障害を受ける。太陽フレアにともなう電磁波の異常放射は直後に急始電離圏じょう乱(デリンジャー現象)を起こすが,粒子の異常放射は電磁波より遅れて地球にじょう乱を起こす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android