コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震災後の県内の観光客数

1件 の用語解説(震災後の県内の観光客数の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

震災後の県内の観光客数

県のまとめでは、14年に県内を訪れた観光客は、前年を169万人上回る8711万人で過去最高。東日本大震災があった11年は7430万人で前年より1千万人以上落ち込んだが、その後は増加している。 震災前の10年と比べると、14年は県全体で2・2%増。市町別では主要な観光地である那須町が8・5%(43万4千人)減、日光市が5・5%(62万8千人)減など12市町で震災前の水準に回復していない。

(2016-03-12 朝日新聞 朝刊 栃木全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone