コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震災時の七十七銀行女川支店

1件 の用語解説(震災時の七十七銀行女川支店の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

震災時の七十七銀行女川支店

当日は14人が出勤。午後2時46分発生の地震から約10分後、支店長が外出先から戻り、大津波警報発令を告げた。1人は帰宅し、支店長判断で13人は高さ約10メートルの屋上へ避難。津波は午後3時半ごろ屋上に到達し、全員が流されて1人だけ救助された。支店は海から西に約100メートル。津波は標高約20メートルに達した。支店の北西約260メートルに町指定避難場所の高台「堀切山」があり、標高約16・5メートルの所にある病院の2階以上は津波を免れた。

(2014-02-19 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

震災時の七十七銀行女川支店の関連情報