コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震災時の七十七銀行女川支店

1件 の用語解説(震災時の七十七銀行女川支店の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

震災時の七十七銀行女川支店

当日は14人が出勤。午後2時46分発生の地震から約10分後、支店長が外出先から戻り、大津波警報発令を告げた。1人は帰宅し、支店長判断で13人は高さ約10メートルの屋上へ避難。津波は午後3時半ごろ屋上に到達し、全員が流されて1人だけ救助された。支店は海から西に約100メートル。津波は標高約20メートルに達した。支店の北西約260メートルに町指定避難場所の高台「堀切山」があり、標高約16・5メートルの所にある病院の2階以上は津波を免れた。

(2014-02-19 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

震災時の七十七銀行女川支店の関連キーワード五夜四時発生の法則久留米競輪場阪神・別府航路視聴率3冠王大須大道町人祭福岡空港のアムステルダム便カフェliber(リベル)水俣・福岡展

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

震災時の七十七銀行女川支店の関連情報