震顫・振顫・振戦(読み)しんせん

大辞林 第三版の解説

しんせん【震顫・振顫・振戦】

ある筋肉群が収縮して、身体の一部が不随意的にふるえる現象。寒冷・感情激動・バセドー病・アルコール中毒などによる。 〔「振戦」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android