コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧島山麓観光列車

1件 の用語解説(霧島山麓観光列車の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

霧島山麓観光列車

7市町でつくる環霧島会議が新しい観光素材にと発起した。JR日豊線の隼人(霧島市)―都城、吉都線の都城―吉松(鹿児島県湧水町)、肥薩線の吉松―隼人の計143.8キロを乗り換えなしで走らせる計画。九州新幹線の全線開業効果を引き込みたいとの思いをこめる。試験運行は今年のGW明けと夏休み、秋の紅葉期、来年の冬季を予定し、発着駅も変えていく。

(2012-02-14 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霧島山麓観光列車の関連キーワード造語建てる着任土製真新しい目新しい物新しい新しい日本をつくる国民会議暑苦しいトナカイ観光牧場

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone