コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露の五郎兵衛(初代) つゆの ごろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露の五郎兵衛(初代) つゆの-ごろべえ

1643?-1703 江戸時代前期の落語家。
寛永20年?生まれ。もと日蓮宗の談義僧。還俗(げんぞく)して京都の祇園(ぎおん),四条河原,北野天満宮などの盛り場で辻咄(つじばなし)を演じ,上方落語の祖といわれる。口演をあつめたものに「軽口露がはなし」「露新軽口はなし」などがある。のちふたたび剃髪(ていはつ)して露休と号した。元禄(げんろく)16年5月9日死去。61歳?

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

露の五郎兵衛(初代)の関連キーワードルイルイフランス史(年表)トリチェリ小野寺十内ギュイヨンムスタファ2世信仰復興運動皇太極セーリス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android