コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露の五郎兵衛(初代) つゆの ごろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露の五郎兵衛(初代) つゆの-ごろべえ

1643?-1703 江戸時代前期の落語家。
寛永20年?生まれ。もと日蓮宗の談義僧。還俗(げんぞく)して京都の祇園(ぎおん),四条河原,北野天満宮などの盛り場で辻咄(つじばなし)を演じ,上方落語の祖といわれる。口演をあつめたものに「軽口露がはなし」「露新軽口はなし」などがある。のちふたたび剃髪(ていはつ)して露休と号した。元禄(げんろく)16年5月9日死去。61歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

露の五郎兵衛(初代)の関連キーワードルイルイ小野寺十内皇太極セーリス皇太極ミアントノミ露の五郎兵衛露の五郎兵衛小野寺十内

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone