露顕・露見(読み)ろけん

精選版 日本国語大辞典の解説

ろ‐けん【露顕・露見】

〘名〙
① 隠していたことが人に知られるようになること。ばれること。また、秘密を暴露すること。
※兵範記‐仁安二年(1167)一一月一五日「此間上皇御簾中、初雖密儀、半以後露顕」
※保元(1220頃か)上「謀叛の事既に露顕によって」 〔漢書‐王嘉伝〕
② わかりにくい中の様子があらわになること。また、確かでなかったことが明らかになること。
※大乗院寺社雑事記‐長祿元年(1457)一一月一九日「無其過之由令申条、露顕之間免除之云々」
③ =ところあらわし色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android