コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露黴 つゆかび

大辞林 第三版の解説

つゆかび【露黴】

卵菌類ツユカビ目のかび。諸種の高等植物に寄生し、ベト病と称する病気を起こす害菌として知られる。宿主体内で生長し、葉や気孔から伸びた分岐上に胞子をつける。近縁のニセツユカビではこの胞子から遊走子が出る。有性生殖により卵胞子を形成する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

露黴の関連キーワード高等植物有性生殖遊走子近縁気孔諸種胞子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android