青山 哀囚(読み)アオヤマ アイシュウ

20世紀日本人名事典の解説

青山 哀囚
アオヤマ アイシュウ

大正・昭和期の歌人



生年
明治27(1894)年1月20日

没年
昭和4(1929)年11月2日

出生地
岩手県二戸郡一戸町

本名
青山 勝信

学歴〔年〕
青森中卒

経歴
明治32年僧侶であった父が青森県七戸の青岩寺住職となったのに伴い、同地に移住。青森中学校在学中から短歌を作り始め、同県における短歌雑誌の嚆矢「東北」にも参加、その主宰者であった和田山蘭に認められた。その後、「創作」や「北日」などに投稿し、破格破調の歌から口語歌へと作風を徐々に変貌させていった。大正6年からは七戸小学校に勤務するが、間もなく退職し、14年には短歌結社「草日」を結成。木暮一作の名で盛んに歌を作り、七戸地方の文学興隆に大きな役割を果たした。歌集に「貧者の歌」「あてなく」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android