青森県つがる市(読み)つがる〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕つがる〈市〉(つがる〈し〉)


青森県西北部、津軽平野の中央部から西に位置する市。
市の西側は日本海に面し、南には岩木山と世界遺産の白神山地を望む。2005年(平成17)2月、青森県西津軽郡木造町、同森田村、同柏村、同稲垣村、同車力村が合併して成立。津軽平野は津軽藩の新田開拓以来の穀倉地帯で稲作が盛ん。七里長浜の砂丘地では、ラッキョウ・ニンニク・スイカ・メロンの栽培が盛ん。そのほか、リンゴや野菜・花卉(かき)栽培が行われる。旧・柏村には日本最古と伝えられるりんごの樹(県の天然記念物文化財に指定)がある。縄文時代の亀ヶ岡石器時代遺跡は国の史跡。ベンセ湿原は21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれた。リゾート施設つがる地球村には収容人数5000人の野外円形劇場がある。車力地区には航空自衛隊車力分屯基地がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青森県つがる市の関連情報