コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県むつ市 むつ〈し〉

1件 の用語解説(青森県むつ市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕むつ〈市〉(むつ〈し〉)


青森県北部、本州最北端の下北半島に位置する市。
北は津軽海峡、南は陸奥湾に臨み、市の中央部には恐山山地が連なる。2005年(平成17)3月、旧・むつ市と下北郡川内町、同大畑町、同脇野沢村が合併して現在の姿となる。下北半島国定公園の一部。稲作・畜産と高冷地野菜の栽培、ホタテガイ養殖、タラ漁などの沿岸漁業行われる。北部の大畑地区ではイカ釣り漁業と林業も。食品加工・繊維などの工場がある。ヒバ材を産し、これを用いた工芸品を特産する。旧・川内町大湊は旧海軍の基地がおかれた要港で、現在も海上自衛隊大湊地方総監部や航空自衛隊基地などの施設がある。かつて大湊港から進水した原子力船むつは、1992年(平成4)にその役割を終えた。恐山カルデラ湖宇曾利山(うそりやま)湖北岸一帯は、イタコで名高い恐山の霊場。この地は日本三大霊場の一つに数えられる。円通寺が所管する恐山菩提寺境内に恐山温泉がわく。市内にはこのほかにも、斗南温泉、むつ矢立温泉、石神温泉、薬研(やげん)温泉、湯野川温泉、脇野沢温泉など多数の温泉がある。釜臥(かまふせ)山からは陸奥湾の展望がよい。旧・脇野沢村地区はニホンザルの生息北限地として国の天然記念物に指定され、国の特別天然記念物ニホンカモシカの生息地としても名高い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青森県むつ市の関連情報