青森県三戸郡五戸町(読み)ごのへ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕五戸〈町〉(ごのへ〈まち〉)


青森県南東部、十和田市に接する町。三戸郡
2004年(平成16)7月、同郡の旧・五戸町と倉石村が合併して現在の姿となる。旧・五戸町は近世には奥州街道の宿場町として栄えた。稲作・リンゴ・根菜類の栽培と畜産が盛ん。古くからの馬産地で、馬肉料理が名物。食品加工・木材などの工場がある。荒町の江渡家(えとけ)住宅は国の重要文化財。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android