青森県三戸郡五戸町(読み)ごのへ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕五戸〈町〉(ごのへ〈まち〉)


青森県南東部、十和田市に接する町。三戸郡
2004年(平成16)7月、同郡の旧・五戸町と倉石村が合併して現在の姿となる。旧・五戸町は近世には奥州街道の宿場町として栄えた。稲作・リンゴ・根菜類の栽培と畜産が盛ん。古くからの馬産地で、馬肉料理が名物。食品加工・木材などの工場がある。荒町の江渡家(えとけ)住宅は国の重要文化財。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android