青森県下北郡大間町(読み)おおま〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕大間〈町〉(おおま〈まち〉)


青森県北部、下北半島北西端の町。下北郡
ヒバ工芸品を特産する。大間崎は本州最北端の地。イカ・ウニ・コンブなどの沿岸漁業が行われる。大間のマグロ一本釣り漁は全国的に有名。北海道の函館港と結ぶフェリー便が発着。原子力発電所の建設計画が進んでいる。ドウマンチャ貝塚がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android