コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県下北郡東通村 ひがしどおり〈むら〉

1件 の用語解説(青森県下北郡東通村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕東通〈村〉(ひがしどおり〈むら〉)


青森県北東部、下北半島北東端の村。下北郡
サケ・イカ・コンブ沿岸漁業と林業・畜産業が盛ん。尻屋崎(しりやざき)は下北半島国定公園の景勝地で、寒立馬(かんだちめ)の放牧地も近い。石灰石の鉱山がある。吹切沢(ふっきりざわ)遺跡、ムシリ遺跡、下田代納屋(しもたしろなや)遺跡といった縄文時代の遺跡も多く存在する。白糠に東通原子力発電所がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青森県下北郡東通村の関連情報