コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県五所川原市 ごしょがわら〈し〉

1件 の用語解説(青森県五所川原市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕五所川原〈市〉(ごしょがわら〈し〉)


青森県西部、津軽平野のほぼ中央に位置する市。
東には中山山脈、西を流れる岩木川は十三湖(じゅうさんこ)・日本海に注ぐ。2005年(平成17)3月、旧・五所川原市と北津軽郡金木町、同市浦村が合併して現在の姿となる。旧・市浦村は中泊町を挟み飛地となっている。五所川原地区は稲作とリンゴ栽培が盛んで、農作物の集散地。商業も活発で、電機などの工場がある。1998年に市民の手で復元された巨大なねぷた、立佞武多(たちねぷた)が有名。旧平山家住宅は国の重要文化財。金木地区には作家・太宰治(だざいおさむ)の生家斜陽館が残る。川倉賽(さい)の河原地蔵尊はイタコの口寄せで名高い。津軽三味線発祥の地としても知られ、津軽三味線会館がある。飛地の市浦地区は十三湖と日本海に面し、稲作・林業と沿岸漁業が行われる。十三湖のシジミが名産。中世豪族・安東氏の福島城址や十三湊(とさみなと)遺跡(国の史跡に指定)などの史跡が多く残る。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青森県五所川原市の関連情報