コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県八戸市 はちのへ〈し〉

1件 の用語解説(青森県八戸市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕八戸〈市〉(はちのへ〈し〉)


青森県南東部、太平洋に臨む市。
岩手県に接する。馬淵(まべち)川、新井田川が市を貫流する。商工業・水産都市。2001年(平成13)より特例市に指定。2005年3月、三戸郡南郷村と合併して現在の姿となる。江戸時代前期から盛岡藩支藩の城下町として発展。重要港湾八戸港は、国際物流の拠点としての開発が進む。八戸工業港沿岸を中心に鉄鋼・製紙・石油精製・化学などの工場が進出。三陸沖の漁場に恵まれた八戸漁港はイカ・サバ・サンマなどの水揚げ量が多く、水産加工業が発達。南郷地区は、葉タバコの大産地。リンゴ・サクランボなどの果樹栽培も盛んで、観光農園もある。南郷そばの産地としても知られる。東部の種差(たねさし)海岸は岩礁と砂浜が続く景勝地で、県立自然公園にも指定されている。蕪(かぶ)島はウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定。是川石器時代遺跡をはじめ多くの先史時代の遺跡がある。島守の福一満虚空蔵菩薩堂は、日本の三大虚空蔵菩薩の一つに数えられている。伝統芸能の八戸のえんぶりは、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青森県八戸市の関連情報