コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県北津軽郡中泊町 なかどまり〈まち〉

1件 の用語解説(青森県北津軽郡中泊町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕中泊〈町〉(なかどまり〈まち〉)


青森県北西部の町。北津軽郡
津軽山地の西側に位置する。2005年(平成17)3月、同郡の中里町と小泊村が合併して成立。2つの地区は五所川原市の旧・市浦村地区を間に挟み、分かれている。旧・中里町地区は津軽半島中部に位置し、稲作・ブルーベリーハトムギの栽培と林業が行われる。五所川原市から通じる津軽鉄道終着駅がある。旧・小泊村地区は津軽半島の北西端に位置し、イカ・カニ・タラ漁とアワビ栽培漁業が盛ん。小泊岬を中心とする海岸部は津軽国定公園に属する景勝地で、青岩、七つ滝、眺瞰台などが見どころ。小説「津軽」の像記念館には太宰治(だざいおさむ)の名作『津軽』に関連する資料が展示されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone