コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青色ダイオード あおいろだいおーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

青色ダイオード

青色ダイオードとは、発光ダイオードの一種である。発光ダイオードとは一定方向に電流を流すことで発光する半導体素子で、小型、省エネ、長い耐久年数などの長所を持ち、電子看板表示などで主に用いられていたが、フルカラー表示に必要な青色の発光ダイオードがこれまでなかったために、スクリーンなどの多色表示には使われてこなかった。しかし、日本で中村修二氏が青色発光ダイオードの開発に成功し、実用化がなされたために、フルカラー表示が可能になり、発光ダイオードの使用用途、使用量が一気に拡大した。また、中村氏は、日亜科学工業に在職中にLEDの開発に成功したが、発明の正当な対価をもらっていないとの裁判を起こし、日本企業が研究者の成果に対する報酬を見直すきっかけとなった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青色ダイオードの関連情報