青萍・青蓱(読み)せいひょう

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐ひょう ‥ヒャウ【青萍・青蓱】

[1] 〘名〙 あおい浮草。
※航西日乗(1881‐84)〈成島柳北〉三月一二日「中に縁藻青萍を点したる如きは実に人目を眩せり」
[2] 中国の越王勾践(こうせん)が所持していた名剣の名。〔抱朴子‐博喩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報