コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蓮院宮尊朝法親王 しょうれんいんのみやそんちょうほうしんのう

1件 の用語解説(青蓮院宮尊朝法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

青蓮院宮尊朝法親王

室町後期・安土桃山時代法親王伏見宮邦輔親王第六皇子、正親町天皇猶子。謚号は龍池院。青蓮院に入り、親王宣下を蒙る。四天王寺別当、平等院管領、天台座主等に補された。書道に優れ『手習十三ヶ条記』『墨池掌譜』等の著がある。慶長2年(1597)薨去、45才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青蓮院宮尊朝法親王の関連キーワード伏見宮邦家親王伏見宮邦輔親王伏見宮邦高親王伏見宮邦永親王伏見宮邦頼親王文閑仁和寺宮守理法親王梶井宮最胤法親王安土桃山時代東伏見宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone