コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蓮院宮尊道入道親王 しょうれんいんのみやそんどうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(青蓮院宮尊道入道親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

青蓮院宮尊道入道親王

後伏見天皇第十一皇子。初名は尊省、号は後青龍院。青蓮院門跡。一身阿闍梨天台座主・粟田宮崇徳院御影堂検校職等を経て四天王寺別当となる。応永10年(1403)薨去、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青蓮院宮尊道入道親王の関連キーワード伏見天皇伏見宮邦高親王伏見貞教親王仁和寺宮覚道法親王勧修寺宮済深法親王永仁三条局(4)西の御方藤原経子廊御方(3)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone