青蓮院宮尊鎮法親王(読み)しょうれんいんのみやそんちんほうしんのう

美術人名辞典の解説

青蓮院宮尊鎮法親王

室町後期の親王。青蓮院門跡。後柏原天皇の第三皇子。母は豊楽門院勧修寺藤子。名は清彦。法諱を尊猷、のち尊鎮。天台座主に補された。能書で知られる。天文19年(1550)薨去、47才。謚号を桂蓮院。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android