コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡 あおやかみじちいせき

知恵蔵の解説

青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡

鳥取市の青谷上寺地遺跡で出土していた約2000年前(弥生時代中期)の人骨から2001年4月、3体の脳組織の一部が検出され、日本人のルーツなどを探るDNA分析も開始。04年5月には韓国・礼安里(イエーアンニ)遺跡の人骨とよく似ていることが分かった。同遺跡は1998年から調査されており、これまでに殺傷痕のある人骨10人分以上を含む92人の弥生人骨のほか、約250点の鉄器、大量の卜骨(ぼつこつ)、青銅製品、絹織物、中国・新の銅貨貨泉(かせん)」、連子窓などの建材、精巧な木製品、護岸のような施設の跡などが発見されており、日本海の交易拠点とも考えられる大規模遺跡。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡の関連キーワード鳥取県鳥取市青谷町青谷青谷上寺地遺跡展示館鳥取市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android