静岡県下田市(読み)しもだ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕下田〈市〉(しもだ〈し〉)


静岡県南東部、伊豆半島南端部に位置する市。
十一谷義三郎(じゅういちやぎさぶろう)『唐人(とうじん)お吉(きち)』、川端康成『伊豆の踊子』の舞台として有名。近世以降、大坂と江戸を結ぶ海上交通の要港として繁栄。日米和親条約(1854年)(安政1)で開港。日本初のアメリカ領事館が設置され、日米外交の舞台となる。サバ・キンメダイ・カツオなどの漁業、水産加工業が盛ん。景勝に恵まれ、下田温泉・蓮台寺(れんだいじ)温泉や白浜海岸、幕末期の史跡など観光資源が豊富。下田海中水族館は天然の入り江を利用した水族館。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡県下田市の関連情報