静岡県伊東市(読み)いとう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕伊東〈市〉(いとう〈し〉)


静岡県東部、伊豆半島東岸に位置し、相模灘に面する市。
江戸時代から温泉で栄えた観光保養都市。商工業は観光と結びついた食品製造・販売が中心。漁業、ミカン栽培、ツツジ生産も盛ん。南部の伊豆高原は都心から近い人気の別荘地で、美術館・博物館も多い。湯量豊富な伊東温泉を中心に温泉街が発達。城ケ崎海岸、大室山一碧湖(いっぺきこ)、伊豆シャボテン公園伊豆ぐらんぱる公園など行楽地が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡県伊東市の関連情報