静岡県伊豆の国市(読み)いずのくに〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕伊豆の国〈市〉(いずのくに〈し〉)


静岡県伊豆半島の北部、田方(たがた)平野のほぼ中央に位置する市。
西部には城山、葛城山などの山々が連なり、平野部を南北に狩野川が流れる。2005年(平成12)4月、田方郡の伊豆長岡町、韮山町、大仁町が合併して成立。酪農・稲作・野菜の栽培やイチゴ・ミカンなどの観光農業も盛ん。製薬・電機・醸造などの工場もある。源頼朝・北条時政ゆかりの史跡や、江戸時代の江川家住宅(国の重要文化財)・韮山(にらやま)反射炉(国の史跡)など、貴重な文化財が数多く残る。市内には、伊豆長岡温泉大仁温泉、韮山温泉などの温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静岡県伊豆の国市の関連情報