コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県伊豆の国市 いずのくに〈し〉

1件 の用語解説(静岡県伊豆の国市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕伊豆の国〈市〉(いずのくに〈し〉)


静岡県伊豆半島の北部、田方(たがた)平野のほぼ中央に位置する市。
西部には城山、葛城山などの山々が連なり、平野部を南北に狩野川が流れる。2005年(平成12)4月、田方郡の伊豆長岡町、韮山町、大仁町が合併して成立。酪農・稲作・野菜の栽培やイチゴミカンなどの観光農業も盛ん。製薬・電機・醸造などの工場もある。源頼朝・北条時政ゆかりの史跡や、江戸時代の江川家住宅(国の重要文化財)・韮山(にらやま)反射炉(国の史跡)など、貴重な文化財が数多く残る。市内には、伊豆長岡温泉大仁温泉韮山温泉などの温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県伊豆の国市の関連情報