コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県富士宮市 ふじのみや〈し〉

1件 の用語解説(静岡県富士宮市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕富士宮〈市〉(ふじのみや〈し〉)


静岡県東部、富士山南西麓の市。
2010年(平成22)3月、富士郡芝川町と合併して現在の姿となる。この合併により富士郡消滅。富士山本宮浅間大社(せんげんたいしゃ)の門前町として発展。豊富な湧水を背景に製紙業、機械・化学・精密機械工業が発達。酪農・ワサビの栽培、ニジマス養殖も盛ん。富士山南側の登山口。湧玉(わくたま)池(国の特別天然記念物)、白糸の滝(国の名勝かつ天然記念物)、朝霧高原といった景勝地や日蓮正宗総本山の大石(たいせき)寺などがある。富士宮やきそばが有名。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

静岡県富士宮市の関連キーワード愛知県の要覧秋田県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大阪府の要覧香川県の要覧京都府の要覧岐阜県の要覧群馬県の要覧高知県の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県富士宮市の関連情報