コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県掛川市 かけがわ〈し〉

1件 の用語解説(静岡県掛川市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕掛川〈市〉(かけがわ〈し〉)


静岡県西部、遠州灘に臨む市。
北部には南アルプス最南端の八高山と大尾山がそびえる。2005年(平成17)4月、旧・掛川市と小笠郡大須賀町、大東町が合併して現在の姿となる。この合併により小笠郡消滅。旧・掛川市は古くから東海道の要地で、江戸時代は掛川藩の城下町・宿場町として栄えた。旧・大須賀町もまた、横須賀藩の城下町として栄えた。稲作・ミカン・茶の栽培が盛んで、砂丘ではメロントマトなどの施設園芸行われる。特に緑茶は品質がよく掛川茶の名で知られる。葛布(くずふ)・バラを特産。茶の加工業・繊維工業に加え、化学・電機・自動車・家具・楽器などの工場がある。戦国時代に山内一豊が建立し「東海の名城」と謳われた掛川城は復元されて観光名所となっている。夜泣き石で知られる小夜(さよ)の中山、小笠山総合運動公園があり、郊外には肢体不自由児療護施設ねむの木学園を中心とするねむの木村がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県掛川市の関連情報