静岡県榛原郡川根本町(読み)かわねほん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕川根本〈町〉(かわねほん〈ちょう〉)


静岡県中部、大井川中流域に位置する町。榛原(はいばら)郡
2005年(平成17)9月、同郡中川根町と本川根町が合併して成立。林業と川根茶の栽培が主産業。製茶・木材・精密機器などの工場が操業。大井川ダム、長島ダム、大間ダムなど多数のダム・発電所が集まる電源地帯。大井川東岸をSLで有名な大井川鉄道が走り、寸又峡(すまたきょう)・接阻峡(せっそきょう)などの景勝地には温泉も湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android