コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡県牧之原市 まきのはら〈し〉

1件 の用語解説(静岡県牧之原市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕牧之原〈市〉(まきのはら〈し〉)


静岡県中部、東に駿河湾を望む市。
2005年(平成17)10月、榛原(はいばら)郡相良町と榛原町が合併して成立。旧・相良町は江戸時代中期、田沼意次(おきつぐ)が城下町を造営した地。牧之原台地では良質の緑茶が生産される。ダイコン・メロン・花卉(かき)の栽培や、シラス漁などの沿岸漁業行われる。電機・金属・飲料などの工場も操業。静波海水浴場、相良サンビーチは夏には海水浴客でにぎわう。坂部・坂田地区において、2009年6月、富士山静岡空港が開港した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡県牧之原市の関連情報